女性の体形と体の仕組み

あなたは自分自身の体形に自信がありますか?厚生労働省の調べで、日本は戦後最大で痩せている女性が多いとされています。 痩せている女性の平均摂取カロリーは1625キロカロリーで戦後の食糧難の時より少ないそうです。太り過ぎも良くないですが、痩せすぎも体に悪影響を起こしています。そのひとつが生理不順です。

現代では美意識が高い女性が増えてきました。その反面モデルのような体形にあこがれて過激なダイエットをしている女性もいると思いますが痩せすぎは女性の生殖機能を損なっていまい女性らしいセクシーさが失われてしまうかもしれません。

現代の生理不順

現代の生理不順には「痩せすぎ」が関係している可能性もある
痩せすぎている人の多くは生理不順の女性が多くいます。その原因としてある程度の体脂肪率が少ないせいで脂肪から分泌される女性ホルモンであるエストロゲンが激減していると言えます。
エストロゲンというと女性ホルモンは美容ホルモンと呼ばれていて、美肌をつくってくれたり、乳腺を発達させてバストアップさせてくれたりと女性らしい体をつくる大切な働きをしてくれます。このホルモンは女性の卵巣や体脂肪から分泌されています。ですが、痩せすぎている女性は体脂肪が少ないためにエストロゲンの分泌がされにくいのです。

また体脂肪が少ないと体が栄養失調状態になるために生殖機能をとめて生命を維持しようとするために生理不順が起こるのです。
女性に嬉しい働きをしてくれるエストロゲンは女性に嬉しい効果を発揮してくれます。

エストロゲンは分泌されすぎてもダメ

エストロゲンは女性に嬉しい効果はありますが注意も必要。太っている女性にも生理不順が多いのです。先ほど言ったように脂肪はエストロゲンを分泌してくれますが分泌し過ぎるとホルモンが偏り過剰分泌で生理不順を引き起こします。

何事も適度が一番ということです。痩せるにもバランスを意識しましょう。

痩せ形の女性と生理不順

とはいうモノの、元々太らない体質の女性もいます。そんな方は低用量ピルを試してみてはいかがでしょうか。
低用量ピルは上記で紹介したような女性ホルモンを含んでいて生理を生理不順の改善薬として病院で処方して貰うことができます。一度ためしてはいかがですか?