ピルのはじまり

避妊に失敗して慌てたことがある人は少なからずいると思います。現代は科学の進歩も進み緊急避妊薬というものが避妊の最終手段として使われる時代になりました。
また、生理痛がひどい人は産婦人科の受診し、治療薬としてピルを処方された方もいると思います。
そもそもピルはどうして生まれたのでしょうか?

ピルの起源は山芋だった

さかのぼること1930年代にアメリカで採取された山芋に生理痛を緩和する成分があることが発見されたのだとか。
それから改良を重ねて、1960年に世界初となる経口避妊薬はアメリカで開発されました。今でいうピルが世界で初めて認められたのです。これが高容量ピルです。ですが副作用として胃腸障害や静脈血栓塞栓症などのリスクがあったことから、改善がされて1973年に低用量ピルは開発されました。

日本でもピルが認められる

握手日本でも1957年に高用量ピルが発売されました。そして、だいぶ経った1999年ごろに低用量ピルが認可されました。また、同年の1999年にはホルモン量の少ない医薬品として低用量ピルが承認されました。当時は含まれているホルモン量が多かったために副作用を引き起こす例が多々あったのだとか。
そこから何度も改善をして副作用が少ない低用量ピルが開発されたのです。

低用量ピルは危険ではない

ピルに含まれるホルモンは元々体内で生成されるホルモンのため女性にとってメリットも沢山あるのです。
ピルは副作用が怖いと思っている人も多いですが、それは開発が進んでいなかったこともあったことも原因のひとつでしょう。また、ピルにも高・中・低用量のピルが存在するため副作用が出るものもありますが、一般的な低用量ピルは副作用が弱く、自然に副作用が収まるので安心していいでしょう。