低用量ピルとアフターピルの効果

低用量ピルもアフターピルどちらも避妊をしてくれるためのお薬です。では、どちらを服用したら良いのかふたつのピルについての違いを見ていきましょう。女性

低用量ピル

低用量ピルは少量の女性ホルモンをほぼ毎日服用するピルになります。避妊をしてくれる他にも女性の生理不順を改善してくれたり、SMP(月経前症候群)の治療薬にも使われたり多くの女性特有の月経の悩みを改善するためにも使われています。

アフターピル

アフターピルの特徴として、女性ホルモンであるプロゲステロンという成分を多く含んでおり、本来のホルモンバランスを乱して排卵を一時的に避けて避妊をさせるお薬です。アフターピルは避妊に特化したお薬で妊娠を望んでいない女性の緊急避妊薬として使われています。性行為直後の服用が避妊のカギとなるので必要になってから安いという理由でアフターピルの通販を利用しても、避妊には間に合いません。より早い段階から備えておくことが重要です。

ふたつのピルとデメリット

メリットとデメリット低用量ピルのデメリットとして一番あげられるのが、ほぼ毎日の服用のため、飲み忘れが多いということでしょう。低用量ピルは生理初日から服用を始めるためきちんと生理初日を把握しておく必要があります。また低用量ピルには即効性がなく、早くても2週間後からしか避妊効果が得られません。

アフターピルのデメリットとしては急激なホルモンの変化で副作用が起きやすく吐き気や頭痛などといった症状が見られます。大半の副作用として吐き気があります。また性行為後すぐに飲むことで避妊の効果を上げることができます。時間がたつにつれて避妊率が下がります。なので妊娠を望まない場合は早急な服用が求められます。

もし副作用で吐いてしまった時、2時間以内の嘔吐であればアフターピルを再度飲みなおす必要があります。アフターピルは低用量ピルに比べ副作用が大きいものの即効性がある為、急ぎの場合はアフターピルを服用しましょう。